秋田市での着物のクリーニングはシミ抜きの技術が高い株式会社シーガルジャパンへ!

着物を着る機会が少ない方は、「クリーニングに出すタイミングやお手入れ方法がわからない」、「シミが付いた際の対処方法がわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方のために、着物のクリーニングは毎回必要なのか、シミが付いた際の処置の仕方、また、料金相場について、秋田市を中心に店舗を持つ株式会社シーガルジャパンがご紹介します。

着物のクリーニングは毎回必要?汚れを確認するべき箇所は?

チェックシートとペン

着物をクリーニングに出すタイミングは、着物を着る回数や頻度によって異なります。着物を着る回数が多い方は、着物を毎回クリーニングに出す必要はありません。着物に合ったお手入れを行ってください。

反対に、1回着たらすぐには着物の出番がないという方や、振袖、訪問着のように比較的高価な着物であれば、クリーニングを依頼するのがおすすめです。1回着ただけでもクリーニングをおすすめする理由は、目に見えない汚れやシミに関係があります。時間の経過とともに見えなかった汚れやシミが浮き上がり、変色につながることがあるからです。次に着る予定のない着物はクリーニングに出しておきましょう。

着物のトラブル時にはすぐにクリーニングを!

今お伝えしたクリーニングの必要性は、お茶がこぼれて着物が汚れた、雨に濡れたなどのトラブルがあった場合を除きます。このようなトラブルに見舞われた場合は、すぐにクリーニングにかけてください。

ちなみに、着物を短期間で何度も洗ってしまうと、生地がボロボロになってしまうのではないかという心配はいりません。短いスパンでのクリーニングは、着物を良い状態で保つことにつながります。手間をかけてでも、着物のお手入れはプロにお願いしたいとお考えの方は、安心してクリーニング店にお任せください。

しかし、実際に着物を着る回数を増やしたいとお考えの方の中には、毎回クリーニングに出すとお金が高くついてしまうのではないかと不安を抱えている方や、クリーニング店に預ける、受け取るといった手間をかけたくないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方のために、自分で着物の汚れを確認する際に役立つチェックポイントを以下でご紹介します。

着物の汚れのチェックポイント

汚れやシミが付着しやすい着物の部分と簡単なチェックポイントをご紹介します。クリーニング店に預けるかどうかの基準にしてみてください。

着物で汚れやすい部分は、ご覧の通りです。

  • 襟元:顔周りの汗、口紅やファンデーションなどの化粧がついていないか。
  • 袖口:汗はもちろん、食べ飲みした際の汚れが残っていないか。
  • 袂:気がつかない間に擦れたり、汚れたりしやすい部分です。
  • 前身頃:食べこぼしで汚れやすい。
  • 後ろ身頃:座る際に擦れたり、汚れたりしやすい。泥はねの有無についても確認。
  • 帯下:帯による擦れや汗ジミにも注意。
  • 裾:外出時に水はね、泥はね、土埃で汚れやすい。擦れていないかどうかも確認。

自分でチェックしてみても不安が残る場合は、クリーニング店に着物を持って行って相談してみるのはいかがでしょうか。着物の汚れやすい箇所については、こちらも参考になります。

長襦袢や帯はクリーニング?シミが付いた時はシミ抜きを自分でしても良い?

長襦袢をクリーニングする男性

ここでは、長襦袢や帯のクリーニングについて、そしてシミ抜きについてお伝えします。

長襦袢のクリーニング

長襦袢とは、着物の下から着る肌着のようなものです。体に密着しているものなので、汗をかいたり皮脂で汚れたりしていないか不安な方も多いでしょう。しかし、長襦袢は4~5回着たら1回クリーニングに出すという頻度で構いません。水洗いができない絹以外の素材の長襦袢は、自分で洗濯できます。

ただし、絹の素材でできている、今後着る予定がない(長期間保管する)という場合は、汗ジミによる変色を防ぐためにもクリーニングに出してください。

帯のクリーニング

帯はほとんどクリーニングに出す必要はありません。汚れやシワが気になる、シミが見つかった場合はクリーニングをご依頼ください。

帯の汚れやすい箇所は、以下の通りです。

  • 正面:特に汚れやすい部分。食べ飲みこぼしでできるシミには注意。
  • 後面:雨が降った際には、雨ジミができていないか確認。
  • 帯の裏面:帯の表面が汚れる理由とは異なりますが、変色やカビなどの変化に注目。

着物にシミが付いてしまったら…

どんなに気をつけていても着物が汚れてしまうことはあります。

実際に、汗や雨による汚れやシミ、食べ物や飲み物、化粧品による汚れを付けてしまった場合はどうしたら良いのでしょうか。汚してしまったことで焦ってしまうかもしれませんが、一番考えて欲しいのは、汚れを広げない、ひどくさせないことです。強くこすったり、レストランにあるようなおしぼりで拭いたりすることは避けてください。おしぼりにはアルコールが含まれている可能性があり、変色や生地が傷む原因になってしまいます。

着物を汚してしまった時にできることは、汚れの原因を指や持参したハンカチではじくこと、そして、乾いた布で軽く叩いてあげることです。着物を軽く叩く時は、着物に付いた汚れを乾いた布に移すようなイメージでお試しください。着物を脱いだら、なるべく早めにクリーニングに出しましょう。

秋田市で着物をクリーニングに出すなら株式会社シーガルジャパン

秋田市で着物のクリーニングを依頼するなら、株式会社シーガルジャパンをご利用ください。「きもの京美洗い」という方法で着物をクリーニングします。

きもの京美洗いと一般的なクリーニングとの違い

きもの京美洗いと一般的なクリーニング、両者の大きな違いは、アイロンでつぶしてしまいがちな箇所もつぶさずに仕上げることができる点です。きもの京美洗いは、着物のやわらかさを崩さず、曲線美(ふくらみ)を保ちます。それを可能にしているのは、染物屋をしていた初代社長から引き継いだ技術、知識があるから。三代目になった現在も着物のキレイな仕上がりには自信があります。

きもの京美洗いの作業工程

まずは着物を洗って自然乾燥させます。次にシミ抜きです。シミ抜きのポイントは、水溶性と油性のシミに対してそれぞれ適切な処理をすることで、はじめに水溶性のシミ抜き、そして油性のシミ抜きと続きます。着物の曲線美を保つために丁寧に作業をするので、知識や技術はもちろんですが、集中力も欠かせません。水溶性と油性、2段階のシミ抜きが終わってもシミが落ちていないようであれば、酵素によるシミ抜きを行います。

クリーニングを仕上げる順番

比較的、汚れやすい箇所から仕上げていきます。襟、両袖に続き、上前身頃、背中、後ろ身頃、そして下前身頃の順番です。すべての部分でクリーニングが完了したら全体的に仕上がりを確認します。

着物をクリーニングに出す際の料金相場をご紹介

ここでは、着物をクリーニングに出したい方へ、料金の相場をお伝えします。あくまで目安ではありますが、参考にしてください。着物のクリーニング料金は、着物の種類によって異なります。

  • 化学繊維:1,200円程度
  • 単:5,500円程度
  • 喪服:7,000円程度
  • 振袖:12,000程度
  • 袷:6,000程度
  • 留袖:9,000円程度
  • 訪問着:7,800円程度

着物がクリーニングから戻ってきたら

着物のクリーニングが終わったら、たとう紙に包んで、桐タンスまたは衣装ケースに保管しましょう。たとう紙とは、通気性、除湿効果の高い和紙です。湿気やカビを防いでくれます。また、入れっぱなしではなく、年に一度か二度は虫干ししてください。虫干しをすることによって、着物にこもった湿気を逃がし、虫食いの被害を避けることができます。

秋田市でクリーニングを依頼するなら衣類も靴も株式会社シーガルジャパン

秋田市でクリーニング店をお探しなら、株式会社シーガルジャパンの店舗にご来店ください。大切にしたい着物、スーツやワンピースなど、様々な衣類のクリーニングが可能です。革靴やスニーカーなどの靴もクリーニングができますので、靴のクリーニングでお困りの際にもお越しください。

クリーニングに関するお悩みなら秋田の株式会社シーガルジャパンへご相談ください

会社名 株式会社シーガルジャパン
住所 〒018-3301 秋田県北秋田市綴子大堤62−1
電話番号 0186-60-1110
FAX 0186-60-1166
URL https://kireine.com/
役員
  • 代表取締役 高橋剛
  • 取締役 高橋佳太郎
  • 取締役 藤原香保子
  • 監査役 浅利大造
  • 監査役 高橋南枝子
設立 平成5年8月
資本金 1,000万円
従業員数 62名(パート含む)
業務内容 一般クリーニング及び販売