スニーカーをクリーニングに出したほうがよい理由とは?キャンバススニーカーのお手入れ頻度やお手入れポイント

キャンバススニーカーは気軽に履ける反面、汚れが付着しやすく目立ちやすいです。また繊維に汚れが入り込むと落としづらく、自宅での水洗いでは限界があるでしょう。

こちらでは、スニーカーをクリーニングに出したほうがよい理由や避けるべき洗い方、キャンバススニーカーのお手入れの頻度や洗う際のポイントについて、秋田でスニーカークリーニングを承っている株式会社シーガルジャパンがご紹介します。

スニーカーのクリーニング・除菌をおすすめする理由

【スニーカー・除菌】スニーカーをクリーニングに出したほうがよい理由

スニーカーには、様々な汚れが付着しています。自宅で洗ってもキレイに汚れが落ちない…という経験をしたことがある方は多いはずです。

そんなときは、クリーニング店に任せましょう。

こちらでは、スニーカーをクリーニングに出したほうがよい理由をご紹介します。

スニーカークリーニングをおすすめする理由1:手では落とせなかった汚れも落ちる

クリーニング店では、専用の機械を使用します。素材や汚れに合わせた洗い方を判断し、生地に加わる摩擦や負担も和らげながら洗うので、手では落とせなかった汚れも確実に落とすことができるのです。

スニーカークリーニングをおすすめする理由2:スニーカーの除菌・消臭が期待できる

クリーニング店では、家庭用の洗剤よりもしっかりと汚れが落ちる「スニーカークリーニング用の洗剤」を使用します。除菌・消臭機能も家庭用洗剤より高いため、汚れだけではなく菌や臭いもきれいにできる点が嬉しいメリットです。

株式会社シーガルジャパンのスニーカークリーニングは、スタンダードコース・エクセルコースの2つからお選びいただけます。普段使い・頻繁に履くスニーカーにおすすめなのはスタンダードコース、高級品や限定品、ヴィンテージ品など大切に履いているスニーカーにおすすめなのはエクセルコースです。

スニーカークリーニングをおすすめする理由3:時間の節約になる

汚れが落ちるまでゴシゴシ擦って天日干しをして…という手間を考えると、お店に持ち込んで後は仕上がりを待つだけのクリーニングのほうが、時間の節約にもなるでしょう。

秋田にあるクリーニング店・株式会社シーガルジャパンでは、スニーカークリーニングを承っています。大切なスニーカーの汚れをしっかりと落としたい、汚れが気になるけど手洗いは面倒という方は、ぜひ株式会社シーガルジャパンのスニーカークリーニングをご利用ください。

避けるべきスニーカーの洗い方

スニーカーを自宅で洗うとき、間違った方法で洗ってしまうと型崩れ・色落ちの原因になります。スニーカーを洗う際の注意点をチェックしておきましょう。

おすすめでないスニーカーの洗い方1.洗濯機で洗う

洗濯機で洗うと、型崩れ・接着剥がれが起こります。

まだ十分履けるはずだったスニーカーが、洗濯機で洗っただけで履けなくなった…という失敗を避けるためにも、洗濯機では洗わないようにしましょう。

おすすめでないスニーカーの洗い方2.油性のシミを水洗いする

食べ物・飲み物などの油性のシミを、いきなり水洗いするのは避けてください。水で油分が伸び、繊維に入り込んでさらに頑固なシミとなります。

油性の汚れがついている場合は、中性洗剤を使って軽く擦り、汚れを浮かせてから水ですすぐと落としやすいです。

おすすめでないスニーカーの洗い方3.スエード・レザーのスニーカーを洗う

スエードやレザーは、水洗いができません。生地が傷む原因になるので、スエードやレザーのスニーカーは専用のクリーナーを使いましょう。

キャンバススニーカーのお手入れ頻度

キャンバススニーカーは、気軽に履ける一方で汚れがつきやすいという特徴があります。汚れると清潔感がなくなり、見た目もくたびれてしまうため、常にきれいな状態が保てるようにお手入れしましょう。

キャンバススニーカーのお手入れ頻度は、3ヶ月に1回程度がおすすめです。何もお手入れをしないまま履いていると、次第に泥・ジュースなどの液体汚れが染み込み、なかなか落とせなくなります。

実際に洗うのは3ヶ月に1回で十分ですが、できるだけ美しい状態をキープするためにはこまめなケアも必要です。帰宅してスニーカーを脱いだらブラシ掛けをする、ソールの汚れを落とすなどのお手入れをすると、洗うときの手間が軽減します。

キャンバススニーカーを除菌・お手入れする際のポイント

【スニーカー・除菌】キャンバススニーカーをお手入れする際のポイント

キャンバススニーカーをお手入れする際のポイントは、以下のとおりです。

靴ひもとインソールは外す

靴ひもとインソールがついたままだと、隅々まで汚れが落とせず菌が繁殖しやすい状態です。除菌の観点でも、必ず外してスニーカークリーニング用洗剤で洗いましょう。

ソールの汚れは消しゴムやメラニンスポンジを使う

ソールは、水洗いよりも消しゴムやメラニンスポンジのほうが落としやすいです。洗うときだけでなく、1日履き終わったら落とすという習慣をつけるとよいでしょう。

靴用ブラシでブラッシングしながらホコリを落とす

あらかじめブラッシングをしておくことは、スニーカー洗いのポイントです。表面のホコリが落ちて専用クリーナーの効果が高まります。

専用クリーナーを使って洗う

スニーカーには専用のクリーナーがあります。スニーカーの汚れが落としやすいように工夫されているので、専用クリーナーの使用がおすすめです。

日陰で干す

キャンバススニーカーは、日に当たると色落ちします。スニーカークリーニング後は、日陰で干すようにしましょう。また、中途半端な乾かし方だとカビ・菌・臭いが発生しやすくなるため注意が必要です。

除菌の観点でも、日陰でじっくり時間をかけて乾かしてください。

スニーカーの汚れをしっかり落とすにはクリーニング店へ依頼するのがおすすめ!

足元の汚れは、意外と見られているものです。キャンバススニーカーは気軽に履ける反面、汚れやすい素材を使用しています。こまめなお手入れをしながら、3ヶ月に1回はしっかりと洗って清潔な状態を保ちましょう。汚れの種類や状態によってはクリーニング店のスニーカークリーニングの利用もおすすめです。クリーニング店なら、自宅では落としきれなかった汚れもすっきりと落とせます。

秋田にあるクリーニング店・株式会社シーガルジャパンでは、スニーカークリーニングを承っています。スタンダードコース、エクセルコースの2つのコースからお選びいただけます。

・自宅では落としきれない汚れがある
・スニーカーを洗いたいけれど洗い方がわからない
・スニーカーの内側の臭いも気になるので、除菌・消臭機能がある洗剤で洗ってほしい
・スニーカーをクリーニングに出して除菌したい

という方は、ぜひ株式会社シーガルジャパンにスニーカークリーニングをご依頼ください。お問い合わせ専用フォームをご用意しておりますが、お急ぎの方は0186-60-1110にてご連絡ください。

スニーカーのクリーニングなら株式会社シーガルジャパン

会社名 株式会社シーガルジャパン
住所 〒018-3301 秋田県北秋田市綴子大堤62−1
電話番号 0186-60-1110
FAX 0186-60-1166
URL https://kireine.com/
役員
  • 代表取締役 高橋剛
  • 取締役 高橋佳太郎
  • 取締役 藤原香保子
  • 監査役 浅利大造
  • 監査役 高橋南枝子
設立 平成5年8月
資本金 1,000万円
従業員数 62名(パート含む)
業務内容 一般クリーニング及び販売